松重 名古屋 – ナゴヤの大人のウェブマガジン | WEB大人の名古屋
レストラン 誕生日や記念日などの特別な日は、心地よい空間でとびきりおいしい料理と共に迎えたい。
そんな願いを叶えてくれる、とっておきのレストランをご紹介。

【名古屋・国際センター
和牛料理】

松重 名古屋

肉好きもワイン通も納得のクオリティ
全23部屋もの個室は、プライベートな食事にも大切なビジネスの接待にもおすすめ。ワインの説明を聞きながら極上の松阪牛を堪能できる。

極上の松阪牛を味わいながらワインとのペアリングを楽しむ

 三重県の『朝日屋』といえば、地元では有名な松阪牛の卸問屋兼精肉店だ。これまで何百頭もの松阪牛を仕入れてきた同店が今年4月、名古屋に直営店『松重 名古屋』をオープン。「生きたエイジングビーフ」とも呼ばれる希少な特産松阪牛を、直営店ならではのお値打ちな価格で味わえるのが魅力だ。ステーキやしゃぶしゃぶもよいが、ここは三重らしくすき焼きでいただきたいところ。濃厚な割り下でさっと煮込めば、口に入れた瞬間にとろけるようななめらかさを感じられるだろう。
 さらに『朝日屋』流に松阪牛を楽しむなら、ワインとのペアリングも意識してみてはいかがだろうか。オーパスワンや5大シャトー、シャトーカロンセギュールなど、松阪牛を知り尽くした社長が厳選した赤ワインが揃い、肉の味をより引き立ててくれる。サーロインなど霜降りの多い肉にはタンニンが強めのしっかりしたワインを、モモ肉や赤身には飲みやすいピノノアールを。絶妙なペアリングと隅々まで行き渡るホスピタリティを感じながら、肉好きもワイン通も満足のいく食事ができることだろう。完全個室のラグジュアリーな店内で、時の流れが止まったかのような上質な時間を過ごしたい。
松阪牛の肉質に合う赤ワインを厳選。調理法や肉の部位ごとに好みのペアリングを探してみるのもよい。
上撰松阪牛のロース肉を秘伝の割り下でいただく。美しいサシと香り立つ風味を感じられる。
この厚みで松阪牛を堪能できるのは、1頭まるごと仕入れる『朝日屋』ならではだ。
大阪の有名設計士が手掛けた内観は、『朝日屋』の高級さを表現した静謐な空間だ。
DATA
  • 松重 名古屋
  • 【住所】名古屋市中村区名駅3-21-7 名古屋三交ビル1F
  • 【電話】052・571・2983
  • 【営業時間】11:00〜14:00(L.O.13:00) 17:00〜22:00(L.O.21:00)
  • 【定休日】無休
  • https://www.xn--ogt56tz0a.com/matsujyu-nagoya/