すき焼き 牛しゃぶ 朝日屋 名古屋店 – ナゴヤの大人のウェブマガジン | WEB大人の名古屋
レストラン 誕生日や記念日などの特別な日は、心地よい空間でとびきりおいしい料理と共に迎えたい。
そんな願いを叶えてくれる、とっておきのレストランをご紹介。

【名古屋・名駅
和牛料理】

すき焼き 牛しゃぶ 朝日屋 名古屋店

最高級の松阪牛と上質なサービスを堪能
店内は大阪の有名設計士が手掛けた。フロントは、津市の海岸で撮り下ろした松の写真がひときわ目を引く。

贅を尽くした空間で
極上の松阪牛を楽しむ

 2024年5月21日にグランドオープンした『すき焼き 牛しゃぶ 朝日屋 名古屋店』。松阪牛専門の老舗精肉店『朝日屋』が直営する、和牛の女王とも呼ばれる最高品質の松阪牛をすき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキで心ゆくまで堪能できる店だ。
 「料理・空間・サービスの全てを最高の物にしたい」との思いから、同店はオープンを急がず、じっくりと準備を整えてきた。店内はホテルのロビーを思わせる重厚なエントランスに、23室全てが完全個室というラグジュアリーな空間となった。それぞれに木の名前がつけられた個室はたっぷりとした広さで、壁紙は和紙に金箔、銀箔を配し、部屋ごとに異なる趣になるよう演出している。特注の鉄板を備えた鉄板焼き専用の個室を備えていて、専属のシェフが目の前でステーキを焼き上げる特別コースを供する予定だ。同店の松阪牛は「つきたての餅のよう」と称される。年間300頭近くしか出荷されない最高ランクの「特産松阪牛」など、直営店ならではの希少な肉も味わえる。ルビー色で艶やかな赤身と細やかな霜降りのバランスは、さながら芸術品のようだ。人肌で溶けるほど融点が低い脂身からは、芳醇な和牛香がたちのぼり、その甘味と旨味は数多くの食通を虜にしてきた。また、すき焼きとしゃぶしゃぶは「赤戻り」と呼ばれる艶が現れ始めるタイミングで供するため、皿の温度にまで気を配る。
 最高級の松阪牛を楽しむひとときのために、非日常の空間づくりと上質なサービスを追究するその姿勢は、名古屋でもトップクラスであると言えるだろう。
豊富な肉の知識や技術はもちろん、ゲストの雰囲気に合わせた心配りができるスタッフがもてなしてくれる。
ビルの中に家を建てるようなイメージで設計された店内。離れが連なるように23の個室が配されている。
松阪牛特撰すき焼き膳
とろけるような舌触りのロースが100g味わえる。ロースと肩ロースの食べ比べができるセットもある。
炙り焼き肉重箱膳
うな重のようなスタイルの炙り焼き肉重箱膳。
松阪牛特撰ステーキ膳
卓上で好みの焼き加減で楽しめる松阪牛特撰ステーキ膳。
一口ステーキ膳
旨味たっぷりの肉汁と甘い脂が溢れ出る一口ステーキ膳。
世界最高峰のワインがずらりと並ぶ特注のワインセラーを備える。
個室は2名から大人数まで対応可能だ。オリジナルデザインの照明が、重厚感のある室内を柔らかく照らす。
プライベートはもちろん、大切なゲストの接待の場を安心して任せられる。

松阪牛とワインの
至高のペアリングも

 現在『すき焼き 牛しゃぶ 朝日屋 名古屋店』では、ランチタイムのみで営業をスタート。秘伝の割り下を使用した三重スタイルのすき焼き膳やステーキ膳、ランチコースなどを、直営店ならではのお値打ち価格で味わえる。また、オーパスワンや5大シャトーなど、松阪牛に相応しいワインが揃うのも魅力のひとつ。国内外の食通からワイン通まで自信を持って案内できる、新たな名店の誕生だ。
DATA
  • すき焼き 牛しゃぶ 朝日屋 名古屋店
  • 【住所】名古屋市中村区名駅3-21-7 名古屋三交ビル1F
  • 【電話】052・571・2983
  • 【営業時間】11:00〜14:30(L.O.14:00)
  • 【定休日】日
  • https://www.朝日屋.com/matsujyu-nagoya/