鉄板焼き 団居 – ナゴヤの大人のウェブマガジン | WEB大人の名古屋
レストラン 誕生日や記念日などの特別な日は、心地よい空間でとびきりおいしい料理と共に迎えたい。
そんな願いを叶えてくれる、とっておきのレストランをご紹介。

【名古屋・丸の内
鉄板料理店】

鉄板焼き 団居

完全予約制の鉄板料理店、ここだけの特別な時間が始まる
「伊勢海老のビスクスープ カルタファタ蒸し」。見る者の興味を引き、驚きを与える魅せるスープ。鉄板にのせられたクッキングフィルムの中でクツクツと沸くビスクスープは、フィルムを切って提供される。包みを開けると芳醇な香りが広がり、五感を楽しませる。

特別な空間で、贅を尽くした鉄板料理×イタリアンを

 丸の内のオフィス街から少し離れた場所に、隠れ家的に佇む鉄板料理店。重厚な扉の奥にはプライベートな空間が広がる。鉄板カウンターは最大9席、奥にも鉄板カウンターを備えた個室が用意されている。相席なしの2組限定、完全予約制の『団居』では、今宵も舌の肥えた食通たちが訪れる。
 有名ホテルで研鑽を積み、家畜商に加えて、「お肉ソムリエ」の資格を有するほど肉を知り尽くしているシェフの小菅さん。乾杯の1杯に合う、旬の魚介や野菜等を使った前菜からスタートし、フォアグラや気仙沼産フカヒレ、活け黒アワビなどが鉄板で仕上げられる。メインの肉はサシ具合を披露した後、目の前の鉄板で焼き上げる。鉄板焼きならではのライブ感とエンターテイメント性に加え、何より目の前で食材を扱い調理する、全方位に自信に満ちた店ゆえの振る舞いは見る者を魅了する。
 日本を代表するブランド牛、松阪牛と神戸ビーフが食べ比べられるのも特筆すべき魅力。フィレとサーロインの両部位をそれぞれに食せるのは、全国的にも希少な存在だ。また、約100種類を誇るウォークインセラーの中からお気に入りの銘柄を見つけるのも楽しみのひとつである。
 11月に開催される特産松阪牛の品評会には毎年出向き、上位入賞の松阪牛を競り落とす。全松阪牛の4%とされる希少な肉は1月下旬からコースで提供され、今年も多くのファンが心待ちにしている。冬のホリデーシーズンに、記念日に、大切な人との夜に。『団居』で過ごす特別な時間は、深く印象に刻まれる。
季節の食材とイタリアンの技巧を融合させた前菜は見た目にも美しい。写真は一例。豚・イノシシ・リードヴォーのパテ/スルメイカと海老芋の墨煮/鱧のエスカベッシュ/佐渡黒イチジクとスペイン産生ハム。
栗の渋皮煮とさつまいものモンブラン カフェオレのアイスクリーム添え。コースを通して満足させるメニュー構成で、デザートの最後の一口までおいしくいただけるギミックはさすがの一言。
松阪牛、神戸ビーフのステーキがコースで味わえる。A5ランクの黒毛和牛はメスの処女牛を提供。
目の前の鉄板で仕上げられる料理はライブ感たっぷり。プライベートな空間は限定2組の完全予約制。
日が暮れる頃にその存在感を放っていく、隠れ家的な店。地下鉄丸の内駅、久屋大通駅より徒歩約5分。
DATA
  • 鉄板焼き 団居
  • 【住所】名古屋市中区丸の内3-10-8 LIBERTA CARINO 1F
  • 【電話】052・684・5829
  • 【営業時間】17:00〜24:00
  • 【定休日】日、祝(休日・時間外の営業も4名以上で相談可)
  • https://teppan-madoi.com/