今年で4年目を迎える『LEXUS×大人の名古屋』
「FOURTH SEASON」では華々しい活躍を遂げた中日ドラゴンズの往年の名選手が、
レクサスを試乗してその乗り心地や走りを語るほか、お気に入りや行きつけの名店もご紹介。
本企画ならではの特別コンテンツをお楽しみください。

第4回:川上憲伸さん、レクサスのコンパクトクロスオーバーUXに試乗

元中日ドラゴンズ選手の川上憲伸さんが、レクサスUX200 "version L"に試乗。
コンパクトでありながら力強い存在感を示す都会派コンパクトクロスオーバーの遊び心のある
洗練されたデザインと滑らかなドライビングを楽しむ。
撮影車両/LEXUS UX200 "version L"
 上質なアーバンリゾートホテルとして、また豪奢なブライダル会場として注目を集める『ストリングスホテル 名古屋』。エントランスに滑り込んだレクサスを操るのは、新人王を皮切りにMVPや沢村賞、ゴールデングローブ賞など数々の輝かしい受賞歴を持ち、さらに米・メジャーリーグでも活躍した元中日ドラゴンズの名投手・川上憲伸さんだ。「新人の頃は、ご褒美といえば高級車でした。誕生日やクリスマスのように、考えるだけでワクワクするのが、車という存在なんです」と川上さん。国内はもちろん、メジャーリーグ入団で米・アトランタに在住していた時にも様々な車を乗り継ぎ、その走りごたえを楽しんだそうだ。「車にはうるさい方だと思います。個人的には足回りの硬い車が好きですね」と語る川上さんが今回試乗したのは、昨年11月に国内デビューを果たしたばかりのレクサスのコンパクトクロスオーバー、UX200だ。
 川上さんはまず、「見た目はコンパクトですが、足元が深くてとても広々していました。身体の大きな僕が座っても、ゆったりしていたので意外でした」と、驚きの一声を上げた。さらに、「小回りが利いて気軽な街乗りもできるうえに、スポーツモードに切り替えるとアスリート感のあるキビキビとした走りになるのが面白かったです。シートや足回りも自分好みのやや硬めで、これならロングドライブも楽しいでしょうね」と、様々なシーンでの走り方に思いを巡らせる。
 投手として輝かしい成績を持ちながら、通算8本もの本塁打を放つなど、バッティングにも定評がある川上さん。投打という相反する技術を巧みに操った経験があるからこそ、軽快さと力強さのある走りごたえと、細やかにサポートされた安心感のある居住性とを併せ持つUXの面白さを実感し、共感したようだ。「とにかくオールマイティ。操作性もよくて扱いやすいので、女性はもとより、どんな世代の人にも合うと感じましたが、特に若い人に乗ってほしいです」。そう語りながら、「車を選ぶ時、いちばん時間をかけて悩むのが色なんです。色合いの美しさもレクサスの魅力のひとつだと思いますので、ドラゴンズカラーを思わせるこのブルーも気に入りました」と、オプションカラーのヒートブルーコントラストレイヤリングのボディに慈しむような眼ざしを送る。
川上憲伸
1975年徳島県出身。徳島商業高校時代に4番のエースとして甲子園に出場。
1997年に明治大学からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。
1年目から先発投手として活躍し、新人王に選出される。
2002年は史上70人目のノーヒットノーランを記録したほか、北京五輪に出場。
2004年は17勝の最多勝、沢村賞、MVPなど9つのタイトルを獲得。
2009年にメジャーリーグのアトランタ・ブレーブスに入団。
同球団初の日本人投手として先発ローテーションを担う。
2012年に中日ドラゴンズに再入団。
2017年に現役を引退したのち、スポーツコメンテーターや解説者として活躍中。

今回試乗したレクサスUX200 "version L"のココに注目!

リアを絞り、後方に向かってキックアップしたシャープなダイヤモンドカットのフォルムが、タフな力強さと俊敏な走りを感じさせるレクサスのコンパクトクロスオーバー、UX。加速と減速、操舵の運転操作の繋がりはスムーズかつエレガントで、発進の瞬間から心地よく、リズミカルな走りへと導かれていく。また、低重心化によって操舵性のよさや安定感のある走りを実現。さらに、検知機能付衝突回避支援、車線維持支援など、進化したセキュリティシステムを搭載。先進テクノロジーを携えてスマートに街を駆け抜ける感覚に、ドライビングの高揚感がさらに高まる。

中日ドラゴンズOBが今回訪れた店

鉄板焼「匠」

「後輩選手の結婚式もここで行われたんです」と、川上さんが懐しさに目を細める『ストリングスホテル 名古屋』。ホテル内の鉄板焼「匠」は、完全個室を備えた鉄板焼レストランだ。コース料理は、トマトのフランベによる炎の演出からスタートし、季節の前菜、魚介のグリル、メインディッシュのステーキまで、シェフが繰り出す見事な手技に目が離せない。食後のデザートはラウンジに移動してゆっくり味わえるため、最後まで優雅なひと時を過ごせる。「鉄板焼は、大切な人と腹を割って話をしたい時に使います。お気に入りの1軒に加わりました」
DATA
  • 【店名】鉄板焼「匠」
  • 【TEL】052・589・0787
  • 【住所】名古屋市中村区平池町4-60-7
  • ストリングスホテル 名古屋1F
  • 【営業時間】11:30~15:00(L.O.14:00)、
  • 17:30~22:00(L.O.21:00)
  • 【定休日】木
  • 【予算】¥5,529~(税サ別)
  • 【アクセス】あおなみ線ささしまライブ駅より徒歩3分

LEXUS meets 大人の名古屋 FIFTH-FOURTH SEASON
Case1 華やかなアスリートスタイル、“LS”のすべてに驚嘆
Case2 車を愛する山﨑武司さんも称賛、優雅なボディと鋭い走りのクーペ
Case3 妥協しないクラフトマンシップがレジェンド・山本昌さんを唸らせる
Case4 川上憲伸さん、レクサスのコンパクトクロスオーバーUXに試乗
Case5 球界のレジェンド・岩瀬仁紀さんがNXの走りやすさと安全性を絶賛
Case6 理論派で知られる牛島和彦さんが初めてのSUVに興奮
Case7 機能性を重視する和田一浩さんがレクサス最高峰のLSに大興奮
Case8 スマートで走りの性能も高いUXに浅尾拓也さんが試乗
Case9 森野将彦さんが「唯一無二のスポーツカー」とLCを大絶賛
Case10 スタイリッシュで乗り心地抜群のNXは谷繁元信さん好みの都市型SUV
Case11 今秋登場の新型ISは立浪和義さんの理想を体現したスポーツセダン
Case12 吉見一起さん、ひと目惚れのLCは魅力満載の大人のクーペ
LEXUS meets 大人の名古屋 FIRST SEASON