今年で4年目を迎える『LEXUS×大人の名古屋』
「FOURTH SEASON」では華々しい活躍を遂げた中日ドラゴンズの往年の名選手が、
レクサスを試乗してその乗り心地や走りを語るほか、お気に入りや行きつけの名店もご紹介。
本企画ならではの特別コンテンツをお楽しみください。

第2回:車を愛する山﨑武司さんも称賛、優雅なボディと鋭い走りのクーペ

元中日ドラゴンズ選手の山﨑武司さんが、レクサスLC500“L package”に試乗。
優雅でグラマラスなプロポーションとエモーショナルな感覚に応えるタフな走り、ドライブを高揚させる
エンジンサウンドに感嘆しつつ走りを楽しむ。
撮影車両/LEXUS LC500 “L package”
 名将・徳川家康が築いた名古屋城を眼前に望む、中部圏屈指の名門ホテル『ホテルナゴヤキャッスル』。「ここへはプライベートや講演会でもよく訪れます」と話す山﨑武司さんは、エントランスから颯爽とレクサスに乗車。今回試乗に選んだのは、デザインの魅力と走りを追求したラグジュアリークーペ、LC500“L package”だ。野球界でも屈指の車好きで知られ、現在はレーサーとしても活動。「車を選ぶ基準は今も昔もスポーツカーであること」と話す山﨑さんは、まず深紅に輝くボディラインを眺めて「街中で目を引きそうですね」と感嘆。「スポーティとラグジュアリーを併せ持つ、まさにレクサスならではのクーペですね」。さっそくシートに座ってエンジンを踏み込み、「マイルドな走り出しでも、加速がスムーズ。爽やかな走りが楽しめそうです」と期待を寄せる。
 ハンドルさばきも軽快に「反応がスピーディで心地いい」と笑顔を見せる山﨑さん。「サスペンションの縦揺れもスポーツクーペらしいと思います」。また、ハンドルのサイドにあるドライブモードセレクトにも着目し、「スポーツ+」にシフト。その瞬間、ドライブの高揚感を煽るような高周波のエンジンサウンドが車内に響き渡る。走りと一体化し、まるでコンサートホールのように広がるサウンドに「いいなあ!」と思わず感嘆の声を上げる山﨑さん。「車好きにとってしっかりとしたエンジンサウンドは大切。より一層、ドライビングを楽しめます」。ほか、ドライバーにとって必要かつ詳細な情報を瞬時に表示するマルチインフォメーションディスプレイなど、高機能なコックピットにも注目する山﨑さん。「メカ好きにはたまらなく面白い。レクサスらしいこだわりが感じられます」
 都心を駆け抜け山﨑さんが向かう先は、「一度行ってみたかった」という話題の名店『鮨うら山』。「毎日食べてもいいくらい、寿司は大好き」と話す。この日は大将の浦山佳弘さんおまかせの握りを堪能。甘くとろけるような海老、脂ののったクエ、歯ごたえが絶妙なアカイカなど、次々と供される逸品に「どれを食べてもうまい」と満足気な様子だ。「寿司店はおいしいだけではなく、大将の人柄も重要だと思います。ここは行きつけにしたい店ですね」
 美味をたっぷりと楽しみ、再びレクサスに乗り込む山﨑さんは、「年齢を重ねても常にかっこいい車に乗っていたい」と話す。「レースに参戦して、改めて車の難しさを知りました。レクサスのように格好よい車を安全に乗って、おいしい料理を食べに来たいですね」
山﨑武司
1968年愛知県出身。愛知工業大学名電高校時代に通算56本打を記録。
1987年にドラフト2位で中日ドラゴンズ入団。
1996年一軍で活躍。松井秀喜、大豊と熾烈な戦いの末、本塁打王を獲得。
1998年〜2001年、テレビやラジオ、新聞などで野球解説者として活躍。
2002年オリックス・ブルーウェーブへ移籍。
2005年東北楽天ゴールデンイーグルスの創設メンバーとして活躍。
2007年本塁打王、打点王の2冠に輝く。
2012年中日ドラゴンズに復帰。
2013年現役を引退。現在はスポーツコメンテーターや講師、レーサーとして活躍中。

今回試乗したレクサスLC500“L package”のココに注目!

未来のレクサスを予感させるコンセプトカーとして話題を集めた「LF−LC」のデザインイメージをモチーフに、低く伸びやかなフロントフードからルーフラインへと流れる、エレガントでダイナミックなボディラインを実現。その走りは「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、大排気量V8 5.0Lのエンジンを搭載し、すっきりとしたステアリングフィールや減速・旋回・加速における心地よい走りのリズムと高揚感を高めるエンジンサウンドを追求。さらに、スポーツ走行を楽しむクーペとして、ホールド性の高いシートを配したドライビングポジションも採用。磨き抜かれたエモーショナルな走りが、ドライバーの心をさらに刺激する。

中日ドラゴンズOBが足繁く通う店

鮨うら山

富山や金沢の名店で腕を研鑽した主人の浦山佳宏さんが2017年に開店。出身地である北陸の金沢港や新湊から仕入れる旬の魚介を中心に、多彩な寿司やひと品を提供する。寿司は繊細な握りだけではなく、昆布の旨味を身にしっかりとまとわせたノドグロや、細く切り分けて歯ごたえを際立たせたイカなど、より味わいや食感を高めるためのひと手間を加えた逸品も評判を呼ぶ。「いろいろな魚介を味わってもらいたいから」と、昼夜共に料理はコースがメイン。芳しい檜のカウンターで浦山さんとの会話を楽しみながら、ゆっくりと心ゆくまで寿司を堪能できる大人のための1軒だ。
DATA
  • 【店名】鮨うら山
  • 【TEL】052・251・3366
  • 【住所】名古屋市中区栄5−1−33平子ビル1F
  • 【営業時間】11:30〜14:30 17:30〜22:30
  • 【定休日】月
  • 【予算】昼¥2,700〜、夜¥10,000〜
  • 【駐車場】なし
  • 【アクセス】地下鉄名城線矢場町駅2番出口より徒歩2分

LEXUS meets 大人の名古屋 FIFTH-FOURTH SEASON
Case1 華やかなアスリートスタイル、“LS”のすべてに驚嘆
Case2 車を愛する山﨑武司さんも称賛、優雅なボディと鋭い走りのクーペ
Case3 妥協しないクラフトマンシップがレジェンド・山本昌さんを唸らせる
Case4 川上憲伸さん、レクサスのコンパクトクロスオーバーUXに試乗
Case5 球界のレジェンド・岩瀬仁紀さんがNXの走りやすさと安全性を絶賛
Case6 理論派で知られる牛島和彦さんが初めてのSUVに興奮
Case7 機能性を重視する和田一浩さんがレクサス最高峰のLSに大興奮
Case8 スマートで走りの性能も高いUXに浅尾拓也さんが試乗
Case9 森野将彦さんが「唯一無二のスポーツカー」とLCを大絶賛
Case10 スタイリッシュで乗り心地抜群のNXは谷繁元信さん好みの都市型SUV
Case11 今秋登場の新型ISは立浪和義さんの理想を体現したスポーツセダン
Case12 吉見一起さん、ひと目惚れのLCは魅力満載の大人のクーペ
LEXUS meets 大人の名古屋 FIRST SEASON