今年で4年目を迎える『LEXUS×大人の名古屋』
「FOURTH SEASON」では華々しい活躍を遂げた中日ドラゴンズの往年の名選手が、
レクサスを試乗してその乗り心地や走りを語るほか、お気に入りや行きつけの名店もご紹介。
本企画ならではの特別コンテンツをお楽しみください。

第1回:華やかなアスリートスタイル、“LS”のすべてに驚嘆

元中日ドラゴンズ選手の川又米利さんが、レクサスLS500h “F SPORT”に試乗。
アグレッシブな走りとスポーツマインドを高揚させるドレスアップに感銘を受け、都心を駆け抜ける。
撮影車両/LEXUS LS500h “F SPORT” MODELLISTA
 昨年10月のオープン以来、名古屋の新たなランドマークとして脚光を浴びる『名古屋プリンスホテル スカイタワー』から登場した川又米利さん。「現役時代はいつも試合のことを考えながら車で球場へ通っていました。その頃から、いつかはゆったりと贅沢な車に乗ってみたいと思っていました」と話す川又さんが今回試乗に選んだのは、レクサスLS500h “F SPORT”のモデリスタ仕様。11年ぶりに待望のモデルチェンジを果たしたレクサスのフラッグシップセダンにおいて、アグレッシブな走りを追求する“F SPORT”に、シャープな印象をもたらすエアロキットや鈍く光るアルミホイールで、さらに個性と存在感を際立たせた1台だ。その重厚感溢れるボディを見て、「どんな車より迫力がある」と感嘆する川又さん。「顔つきがいい。惚れ惚れする格好よさですね」
 シートに座り、身体を包み込むようなそのフィット感にも感動。「身体がギュッと心地よくホールドされ、安心感がある。まるでレーシングカーに乗っているみたいです」。さらに走り出した瞬間、その滑らかな走り出しに川又さんは驚いた様子。「こんなに静かなスタートやドライビングは今まで体験したことがありません。ハンドルもコンパクトでコーナリングもスムーズ、自分の運転をレクサスがフォローしてくれる感じがします。車が多い街中でも走りやすいですね」。また、川又さんはボディのみならず、洗練されたインテリアにも「衝撃を受けた」と話す。「シートの赤も落ち着きのある色で居心地がいい。大きく見やすいディスプレイ、アームレストに備えられたタッチパネルなど、ドライバーやゲストへの心遣いが素晴らしいですね。この車に乗って高速道路を爽快に走ったり、妻と一緒に遠方へのドライブにも行ってみたいです」
 そんな川又さんが今回案内してくれたのは、選手時代から行きつけの焼肉店『れんが家』だ。「選手仲間ともよく来ましたし、今は家族や友達と一緒に来ます。記念日や特別な日に訪れることが多いですね」。数あるメニューの中でも川又さんのお気に入りは上カルビ。「脂の甘みと赤身の旨味のバランスが最高! これと白いご飯の組み合わせが、現役時代のスタミナ源でした」と笑顔で話す。「おいしい料理を楽しむことは、私にとって至福の時間です。エネルギーが湧いてきて、また明日も頑張ろうという気持ちに駆り立てられます」
川又米利
1960年東京都出身。早稲田実業学校高等部時代に甲子園に4回出場。
1979年に中日ドラゴンズ入団。レギュラーとして活躍。
1992年7月5日に通算1,000試合出場を達成。1997年に現役を引退。
1998年〜2001年、テレビやラジオ、新聞などで野球解説者として活躍。
2001年プロ野球OBで構成されるマスターズリーグに名古屋80D’sersとして所属。
2002年よりドラゴンズの一軍や二軍の打撃コーチとして指導。
現在はラジオやテレビ、新聞、講演など幅広い分野で活躍中。

今回試乗したレクサスLS500h “F SPORT” MODELLISTAのココに注目!

レクサススポーツの血統を継承しつつ、ドライバーズセダンのポテンシャルが高いLSのアグレッシブな走りを強化した“F SPORT”。「走る・曲がる・止まる」を最適に制御する新型VDIMを搭載し、ドライバーの意のままに応える走りを実現。また、ホイールから顔をのぞかせる“F SPORT”専用ブレーキが常に安定した制動性能でスポーツドライビングをサポートする。モデリスタのカスタマイズパーツはフロントからサイド、リヤへと流れるように続く先鋭的なエアロキットと、重厚感のあるアルミホイールが特徴的。気品とプレミアム感を漂わせ、走りにこだわるオーナーの気持ちをさらに高めてくれる。

中日ドラゴンズOBが足繁く通う店

れんが家

「大切な人と大切なときを」をテーマに、名古屋で30年以上営む焼肉の老舗。靴を脱いで上がるスタイルの店内は個室が中心で、家族での食事会や接待、大人数での宴会にも最適だ。ここで味わえるのは料理長自ら厳選する国産の黒毛和牛。甘みのある脂がしっかりとのった上カルビや赤身の旨味が濃厚な上ハラミをはじめ、川又さんが「サッと炙って食べるのがいちばん」と絶賛する塩タンも評判だ。肉に使うつけダレには隠し味に福岡・糸島産の新鮮な卵を使用、まろやかな味がさらに肉の味わいを引き立てる。また、霜降りが見事なサーロインも自慢の逸品。塩とわさびでその味を堪能したい。
DATA
  • 【店名】れんが家
  • 【TEL】052・957・2700
  • 【住所】名古屋市中区錦3−22−7アークビル3F
  • 【営業時間】16:30〜24:00(L.O.)、
  • 土・日・祝日16:30〜22:00(L.O.)
  • 【定休日】無休
  • 【予算】コース¥5,400〜(サービス料別途)
  • 【駐車場】なし
  • 【アクセス】地下鉄名城線・東山線栄1番出口より徒歩7分
  • www.rengaya.co.jp

LEXUS meets 大人の名古屋 FIFTH-FOURTH SEASON
Case1 華やかなアスリートスタイル、“LS”のすべてに驚嘆
Case2 車を愛する山﨑武司さんも称賛、優雅なボディと鋭い走りのクーペ
Case3 妥協しないクラフトマンシップがレジェンド・山本昌さんを唸らせる
Case4 川上憲伸さん、レクサスのコンパクトクロスオーバーUXに試乗
Case5 球界のレジェンド・岩瀬仁紀さんがNXの走りやすさと安全性を絶賛
Case6 理論派で知られる牛島和彦さんが初めてのSUVに興奮
Case7 機能性を重視する和田一浩さんがレクサス最高峰のLSに大興奮
Case8 スマートで走りの性能も高いUXに浅尾拓也さんが試乗
Case9 森野将彦さんが「唯一無二のスポーツカー」とLCを大絶賛
Case10 スタイリッシュで乗り心地抜群のNXは谷繁元信さん好みの都市型SUV
Case11 今秋登場の新型ISは立浪和義さんの理想を体現したスポーツセダン
Case12 吉見一起さん、ひと目惚れのLCは魅力満載の大人のクーペ
LEXUS meets 大人の名古屋 FIRST SEASON