こだわる大人の特選グルメ
気軽に味わえる美味グルメ
ランチや仕事帰りの時間がないときだからこそ、肩肘張らずに美味しい料理を楽しみたい。
その日の気分に合わせて選べる、通いたくなる魅力溢れる店をご紹介。
和食
【久屋大通】手打ちそば 大石
江戸の蕎麦文化を伝える、ツウも納得の店
「まずはつまみと酒、最後は蕎麦で締める文化を広めたい」と、蕎麦の名店が集まる東京・神保町の『たかせ』で修業した、大石拓也さんが開店。実は大石さんは静岡出身。縁あって東京で修業する中、濃い目のつゆを少しつけて蕎麦の香りを楽しむ、東京の蕎麦文化にひかれていった。

要となるだしは、本枯れ節を使用。和食で使う量の倍を使い、深みやコクがありながら上品な味を醸し出す。しかしこちらは盛り蕎麦用で、掛け蕎麦用のだしにはアクセントの強い鯖節を使用。盛りには掛けのつゆを薄めて出す店が多い中、使い分けている。「掛けと盛りを食べ比べるのも、蕎麦の醍醐味」と大石さん。また主役となる蕎麦は、香りが鼻にすっと抜ける北海道のものが中心。毎朝打つ二八蕎麦は、するっと入る喉越しも見事だ。

ここで日本酒とぜひ味わいたいのが、銀ダラの細川焼き。白身魚の骨を焼いて作った細川醤油を用いたひと品に、辛口の酒が進む。
上写真:せいろ¥730
中写真:銀ダラの細川焼き¥990
下写真:一日の疲れが癒せるようにと、空間は純和風のシンプルな造り。
DATA