こだわる大人の特選グルメ
ちょっと足をのばして行きたい郊外のレストラン
そこでしか食べられない味を求めて、休日は家族や大事な人と郊外へドライブに出かけたい。
その地の風土を感じながら、知られざる新たな味に出合える珠玉の料理店へ。
ビストロ
【愛知・犬山】ビストロ ソウソウ
普段使いから接待まで、
あらゆるシーンに対応
名古屋と犬山の有名店でソムリエとして活躍した藤永勝也さん。ソムリエの中でもほんのひと握りしか合格できないシニアソムリエの資格を31歳で取得した逸材だ。そんな藤永さんが独立して犬山駅前に店を構えたのは今から5年前。意外にも肩肘張らないビストロだった。
「立地条件から地域に愛される店を目指そうと思いました。それと、シェフ、パティシエ、ソムリエのプロが集まる店で、地元の人に本当に美味しい料理を知ってほしいという思いも強かったです」と藤永さんは当時を振り返る。その言葉どおり、メニューはハヤシライスからフレンチのディナーコースまで幅広い。高級食材を使わなくとも、小牧北部市場で仕入れた旬の魚介類や契約農家から届く新鮮な野菜を使い、仕込みから仕上げまで時間をかけて調理することで、本場の味を追究している。

また、ソムリエならではの高いホスピタリティーも愛される理由。「お客様を見て、1人ひとりポーションや味付けを微妙に変えます。常連の方なら好みも覚えていますから」と藤永さん。鋭い洞察力による適格なサービスが受けられるため、接待で利用する人が多いのも頷ける。

「町のために」と始めた店は幅広い層に愛され、犬山に根付いている。
上写真:ディナーコース¥3,800より、
カナダ産オマールエビのロースト アメリケーヌ。
中写真:日替わりランチ¥1,300より、
ポークバラ肉のオーブン焼き ビーツのソース。
下写真:自然光が入り、店内は明るく開放的な雰囲気。カウンター席、テーブル席、個室があり用途に合わせて利用できる。
DATA