こだわる大人の特選グルメ
ちょっと足をのばして行きたい郊外のレストラン
そこでしか食べられない味を求めて、休日は家族や大事な人と郊外へドライブに出かけたい。
その地の風土を感じながら、知られざる新たな味に出合える珠玉の料理店へ。
フレンチ
【三重・桑名】フランス料理 えびす亭
時間と手間をかけた、本格派のフレンチ
静かな新興住宅街にあるフランス料理店。店先には薪が山と積まれ、店内は木と土壁に囲まれた山小屋のような趣きだ。ホッとするような温もり溢れる空間とフレンチ一筋33年の西山誠一さんによる料理が評判を呼び、地元はもちろん、遠方からわざわざ訪れるファンも多い。

西山さんがこだわるのは「基本を忠実に守り、時間をかけて作ること」。毎朝7時には厨房に立ち、営業中も手が空いた時間は仕込みを続ける。例えば、夏が旬のアワビ。鳥羽産の黒アワビを輪切りにした大根と一緒に120℃のオーブンで4~5時間焼き、仕上げは強火でソテーする。「アワビは火を入れた直後は柔らかくなりますが、次第にまた固くなります。さらに火を入れ続けると、また柔らかくなる瞬間があるので、そこを逃さないようにしています」と西山さん。手間を惜しまないだけでなく、素材の魅力を最大限に引き出す熟練の技と知識も圧巻だ。

もちろん素材選びにも余念がない。魚介類は鳥羽や豊浜で揚がった新鮮なものを仕入れ、野菜はいなべ市で自然農法を行う契約農家から届けられる。鴨などフランスの食材も使うが、あくまで主役は地元の旬のもの。西山さんの料理に対する実直な姿勢がこの店の人気を支えている。
上写真:ディナーコース¥12,960より、鳥羽産黒あわびのステーキ香草風味。
中写真:天井が高く、木の温もりに包まれた山小屋のような空間。店内奥には薪ストーブもある。
下写真:ディナーコース¥12,960より、桃のコンポート八角風味。
DATA