こだわる大人の特選グルメ
ちょっと足をのばして行きたい郊外のレストラン
そこでしか食べられない味を求めて、休日は家族や大事な人と郊外へドライブに出かけたい。
その地の風土を感じながら、知られざる新たな味に出合える珠玉の料理店へ。
イタリアン
【愛知・豊田】イタリアン&ワイン チャコール
自然派ワインと炭火料理を、
肩肘張らないトラットリアで
タワーマンションが立ち並ぶ浄水駅前は、飲食店が続々と誕生しているエリア。郊外とはいえ、都心に負けない良質な店が揃い、食通が注目するレストランも多い。その中の一軒が、2015年11月にオープンしたイタリア料理店『チャコール』だ。

のどかな雰囲気の駅周辺から、空に高くそびえる建物を目指して歩いていく。その中でも瀟洒な雰囲気のマンションの1階が同店だ。木を多用した温かみのある店舗は、テーブル席のほか、料理人たちの躍動感が伝わるオープンキッチンのカウンターがあり、肩肘張らないトラットリアといった趣きだ。昼のコースは1780円〜。夜は3000円〜のコースがあるものの、アラカルトが中心。豊富に揃う自然派ワインと共に気軽に料理を味わえる。

オーナーシェフの宮越暖さんが力を入れているのが肉料理。同じ牛肉でも、北海道士幌町産の若牛もあれば、愛知・豊田市初のブランド牛「ゆたか牛」などもあり、多彩な産地と部位を扱うという。そして、それぞれの特徴を見極めて調理。例えば、滋味深い味わいを持つ「ゆたか牛」であれば、煮込んで力強いボロネーゼソースに仕立てる。また、きめ細やかな赤身肉の士幌町産若牛は、柔らかな部位のランプを炭火で焼く。その際、用いるのがキッチンに置かれたレンガ積みの焼き台だ。炭火の強い火力で焼かれたランプ肉は、炭の香りを程よくまとい、ジューシーな仕上がりに。同じく、炭火で焼かれた野菜も甘みが十分に引き出されている。そのほかにも、メイン料理の多くに“チャコール=炭火”で調理したメニューを取り揃えている。

「用いる食材は、できる限り生産者の顔を見て確かめたものを仕入れたい」と、やさしい面持ちで話す宮越さんは、自然農法で育てられた野菜をはじめ、自家製のフォカッチャ、天然酵母パンなど、安心で美味しい料理を提供することに手を抜かない。「お客様の顔を見ながら店を営みたい」という思いを込めて設けたオープンキッチンカウンターからは、そんな宮越さんの真摯な姿を見ることができる。
上写真:北海道士幌町産 若牛ランプの炭火焼き 200g ¥2,600
中写真:ボロネーゼのタリアテッレ ¥1,180
下写真:シンプルでありながら温かみのある店内。
DATA