こだわる大人の特選グルメ
大人のとっておきレストラン
誕生日や記念日などの特別な日は、心地よい空間でとびきり美味しい料理と共に迎えたい。
そんな気持ちに応えてくれる、身も心も満たす、とっておきのレストランをご紹介。
鉄板料理
【国際センター】鉄板フレンチ ピヴォーテ
メニューはおまかせ、希少な尾崎牛に感動
「四間道界隈は未来に向けて発展していく街だと感じました。それと周囲に友人の店が多いことが、この場所を選んだ理由です」と、笑顔で話すオーナーシェフの佐藤剛さん。岐阜のフレンチレストランで住み込みの修業を積んだ後、神戸、東京、名古屋のレストランで腕を磨いた。

そんな佐藤さんが鉄板フレンチのスタイルにこだわったのは、「お客様と対面して料理を作ることが好きだから」と笑うが、そこには食材と焼きの技術に対する自信が隠れている。メニューがないというのがその証し。食材は産地や農家へ足を運び、納得したものを厳選して仕入れる。その最たる食材が、「生産者の顔がわかることと、牛の体にいい飼料にこだわっている」という、宮崎市の尾崎牧場のみで飼育生産された尾崎牛だ。きめ細やかな霜降りが入ったとろける食感のサーロイン、程よく柔らかな赤身の歯応えと旨みが楽しめるモモ肉。コースのメイン料理として供されるステーキでは、絶妙な焼き加減に仕上げたこの2つの部位の食べ比べが堪能できる。わさびや柚子胡椒を加えた辛味大根おろしやトリュフ塩など肉の旨みを引き立てる薬味もバラエティ豊か。尾崎牛をはじめとする和牛のほか、豚肉や鶏肉を用いたアラカルト、焼き野菜とも相性抜群。いろいろ試して好みの味を見つけるのも楽しい。
上写真:コース¥10,800より、尾崎牛のステーキ。
中写真:コースのステーキや肉を使ったアラカルト、焼き野菜とも好相性の薬味と変わり塩は11種類を用意。
下写真:佐藤さんとの会話も弾む鉄板カウンター。
DATA